1. HOME
  2. スケジュール
  3. PONARTY 講演会「文化を紡ぐ。」レポート記事

PONARTY 講演会「文化を紡ぐ。」レポート記事

2017年3月10日

  •  -
よむ

文芸論評誌 PONARTY 

2017年1月21日(土)に行われた《講演会「文化を紡ぐ。」》のレポート記事です。
当日は市内外の方々約70名にご聴講いただきました。
震災の状況から見えた様々な問題を苫小牧や自分たちのこととしてお話しいただいた内容を
まとめましたので、ぜひじっくりとご一読いただき、思い考える一助としてください。

  ダウンロード版(PDF 1.0MB)

講師:リアス・アーク美術館学芸員 山内宏泰
編集:NPO法人樽前artyプラス

【 講師 略歴 】
1971年宮城県石巻市生まれ
宮城教育大学中学校美術教員養成課程卒業
1994年よりリアス・アーク美術館(宮城県気仙沼市)学芸員。
美術家。専門は現代美術、造形理論、地域文化研究、災害史研究など
同館常設展示「東日本大震災の記録と津波の災害史」編集
2013年気仙沼市東日本大震災伝承検討会議委員
2014年、気仙沼市東日本大震災遺構検討会議委員
1994年~美術家として個展、グループ展など多数
また舞台美術家、舞台衣装家として多数の舞台に参加
【 受賞歴 】
2004年、平成15年度宮城県芸術選奨新人賞受賞(美術・彫刻)
【 著書 】
『砂の城』近代文芸社・2008.10/山内ヒロヤス
『読む美術館』リアス・アーク美術館・2006.4
『東日本大震災の記録と津波の災害史』リアス・アーク美術館・2014.3.15


2017年3月
NPO法人 樽前arty+ 発行


---------